Q&A

よくある質問事項

お客様からよくいただく質問の一覧です。ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

回答一覧

解体工事前に何をしておけばいいですか?

工事前に詳しくご説明させていただきますが、電気の停止、撤去 、ガスの停止・撤去、トイレの汲み取り、有線やCATVなどのアンテナの移設・撤去、家財道具、不用品の片付け 、水道の移設などになります。

近隣の挨拶はした方がいいのでしょうか?

もちろん当社でも近隣の皆様にご挨拶させていただきますが、万全の注意を払い作業しても音やホコリなどが飛んでしまうことがあります。 お客様からもごあいさついただければより近隣の方と良好な関係を保つことができるでしょう。

どんな建物でも解体してもらえますか?また、解体の種類を教えてください。

はい。どんな建物でも解体することができます。解体法は大まかに4つの方法があり、木造の建物を解体する「木造解体」、鉄骨の建物を解体する「鉄骨造解体」、鉄筋コンクリート造を解体する「鉄筋コンクリート造解体(RC)」、建物の内装だけを解体する「内装解体」があります。また、塀だけの解体や樹木の伐採・抜根、駐車場のアスファルトはがしなどありますが、当社ではすべて解体が可能です。

不用品がまだあるのですが・・・

そのままでも結構ですが、お客様の方で地域の粗大ゴミなどで処分できるものはしておいた方が安く上がることがあります。
ご依頼の際に、残存物の処理については、拝見させていただいたうえで、見積もりを出させていただきます。 残存物によっては、お断りさせていただく場合もございます。

隣接道路幅が狭いのですが、解体工事に影響がありますか?

工事車両が入れないほど道路が狭い場合は、手作業の解体となりますが、事前に建物の一部や塀を壊して工事車両のためのスペースを確保するなど、できるだけ効率的な解体プランを実行いたします。建物の状況によっては、道路占有使用許可を申請したり、ガードマンを配置するなどして解体工事を安全に進める努力をいたします。

建物滅失登記をしたいのですが、建物取毀証明書は発行していただけますか?

はい。ご用意できますのでご安心ください。

解体工事終了後に行うことを教えてください。

お客様には「解体工事の終了」「ご指定の樹木や庭石などが処分されているかどうか」「整地の状況」をご確認いただきます。また解体工事終了後、建物滅失登記申請に必要になる弊社の印鑑証明書・代表者事項証明書・建物滅失証明書をお渡しいたしますので、登記申請書に添付して司法書士にご提出下さい。もし、ご希望がございましたら司法書士をご紹介させていただきます。